プロセスマイニングツールQPR Process Analyzerとは?

皆さんは新しいツールを導入しようと考えた時、どんなことに悩みますか?

 

ツールを選ぶ際に考えることは、機能や価格、特徴などいろいろあると思います。

 

ツールを導入するときには、なにかしらの明確な目的があって導入をしますよね。

 

どのように優先順位をおくかで選ぶツールは変わりますが、プロセスマイニングの認知度はまだそこまで高くありません。

 

目的はしっかり決まっていても、肝心な目的に合ったプロセスマイニングツールが分からないと導入に失敗する原因にもなります。

 

このプロセスマイニングツール記事では、各プロセスマイニングツールがどのような特徴を持っていて、どのような目的を持った方が導入に向いているのかをわかりやすく解説していきます。

他のプロセスマイニングツールも知りたい方は下記からご覧ください!

業務可視化カオスマップ付き!業務可視化ソリューションを網羅!

導入に向いている会社

  • KPIマネジメントを徹底的に管理したい企業の方
  • 膨大なデータの可視化や分析を行いたい方

QPR Process Analyzerとは? 

ー会社説明

プロセスマイニングツールQPR Process Analyzerの提供を行っているQPR Software Plc(Nasdaq Helsinki)は、1991年3月に設立た会社です。

戦略考案や実行、パフォーマンスとプロセス管理、プロセスマイニング、エンタープライズアーキテクチャのソリューションなどの事業を行っています。

現在では50か国以上で事業を展開しており、今後も拡大が期待されている会社です。

QPR Softwareの製品は、実績が高いことでユーザーやIT業界で評価されています。25年の経験、2,000人の顧客、100万を超えるライセンスの販売の実績を強みにIT業界で活躍しています。

ーツール説明

QPR Process Analyzerは、業務改革においてボトルネックとなる業務の発見や効率化を行うためのプロセスマイニングツールです。

組織で発生する業務プロセスのフローを可視化、分析できることが大きなメリットとなっています。

更に、Gartner Research、Forrester、EverestGroupなどのトップ業界アナリストに認められている確固たる実力を持ったツールです。

他にも特徴として高度なAI、機械学習、予測を業界で最も包括的な既製のチャートと分析のセットと組み合わせています。これらのプロセスマイニング機能は、RPAやデジタルトランスフォーメーションからKPIレポートまで、さまざまなユースケースで利用することが可能です。

QPR ProcessAnalyzerの機能

ーフローチャート分析

実際の業務プロセスフローを自動で可視化する機能です。プロセスマイニングの主要機能とも言えますが、ツールによってどこまで詳細に可視化できるのかは変わってきます。取得したイベントログをもとに、図や表、グラフで業務プロセスのフローを把握することができる、まさに見えない業務を見える化する機能です。ここで可視化をすることで、実際にどのような業務プロセスを得て業務が行われているのか、理想の業務プロセスとどのくらい誤差があるのか、無駄なプロセスがないかどうかなどが分析できます。

ー期間分析

より深い調査を行い、ケースごとの最大遅延を特定します。期間内に何を変更、改善したら何が起こり得るのかを事前に把握し、対応を練ることができるのでリスクを最小限に抑えて業務改善に着手することが可能です。分析を一定の期間に限定することで、より詳細なデータが得られることもこの機能のメリットと言えます。また、ケースごとに最大遅延時間を特定できるので、起こり得る最大の遅延リスクを把握することができることも特徴です。

ー経路分析

プロセスの変化要因と論点の分析を行う機能です。プロセスがなぜ変化したのかを分析することで、出た結果が良かったのか悪かったのかを明確に可視化することができます。プロセスが変わったことがプラスに働いたのか、マイナスに働いたのかがわかることでさらにどこを改善していけば良いかの参考になります。もしプロセスの変化要因がわからないと、結果は変わっているのにそれがいいのか悪いのかわからないと言う問題が起きます。

ーAIによる予測

人工知能アルゴリズムを使い、ケースごとの結果を予想する機能です。プロセスマイニングの機能に含まれている自己学習を使い、業務プロセスの改善を行うことでどのような変化が起こるのかを事前に予測します。これはツールによって異なりますが、コストがどれくらい削減できるのか、工数はどれぐらいかかるのかなどが主に可視化されます。改善を行う前にどのくらい効果が出るのかの予想が出ることで、周囲の反対勢力への説得材料にもなります。