【活用事例】プロセスマイニングツール「Celonis」を活用した、不正兆候モニタリングの実践(豊田通商)

【2021年10月12日開催|『Celonisワールドツアー2021』イベントレポート】

イベントログに基づいて業務プロセスの可視化を行う「プロセスマイニング」。業務可視化のコスト削減や業務プロセス改善のサイクルを短くできるため、国内で注目を集めています。

プロセスマイニングを行う際に使用するプロセスマイニングツールの中でも、世界で最も普及しているのがドイツの「Celonis」。用途に合わせたカスタマイズがしやすく汎用性が高いのが特徴で、2020年時点で800社以上の大手企業の導入実績があります。

今回は、そんなプロセスマイニングツールCelonisを「不正兆候のモニタリング」に活用した豊田通商株式会社・法務部の森田氏が、導入支援をしたプロティビティLLCの矢部氏と共に事例を紹介します。

【登壇者】

豊田通商株式会社
法務部 コンプライアンス統括室 課長
森田 徳教氏

【この記事でわかること】

  • 不正兆候モニタリングにCelonisを活用した動機、道程、手順
  • 不正兆候モニタリングにCelonisを導入した効果
  • 今後のCelonisの活用方法

豊田通商株式会社の不正兆候モニタリングの取り組み

森田氏:

豊田通商株式会社のコンプライアンス統括室では、不正を防止するためグループ会社の役職員約64,000人を対象にグローバル行動倫理規範の策定やコンプライアンス研修などを行なってきました。

こうしたソフトなアプローチに加え、プロセスマイニングを活用したデジタルなアプローチも行なっています。データを分析してモニタリングすることで、数多くの拠点における不正の兆候を網羅的にキャッチすることができるからです。加えて、リアルタイムでモニタリングできるため不正兆候の早期発見や不正抑止力の強化に繋がります。

このような活動は、会社および役職員を守るために取り組んでいます。

プロセスマイニング活用の動機

森田氏:

不正兆候のモニタリングにプロセスマイニングを活用した動機は、不正会計や不正取引などの不正を網羅的に発見・抑止するためには、不正の手口(リスクシナリオ)を作成してリスクを可視化すると共に、最新のデジタルツール 「Celonis」を活用したデータ分析が必要と考えたためです。

デジタルツールを使うことで、網羅的に不正の兆候を見つけることができるうえに、早期発見が可能になったり、リアルタイムで「見てるぞ」という抑止力強化の効果が生まれると考えています。

プロセスマイニング導入までの道程

森田氏:

2019年2月、豊田通商株式会社はリスク・コンプライアンス関連で支援を受けていたプロティビティLLCからプロセスマイニングとCelonisの紹介を受けました。

すでにプロティビティLLCの支援でデータ分析による不正検知で実績が上がっていたのもあり、2019年10月から2020年3月にプロセスマイニングによる不正兆候発見の価値検証(POV)を実施。ある拠点の過去の不正事案を対象に、不正の兆候がCelonisでどう見えるのか確認すると同時に、Celonisの使い方のトレーニングを行いました。

その結果、グローバルなデータ分析にプロセスマイニングは有効であると確認できたのです。

2020年4月からは、プロティビティLLCが保有するCelonisを使ったデジタルコンサルティングサービス活用し、マレーシア、フィリピン、中国の取引データを対象に不正兆候モニタリングの分析を進めていきました。

Celonisを使った分析手順

森田氏:

豊田通商株式会社ではSAPシステムを導入し、グローバルで利用しています。Celonisを活用した分析は、日本以外のグローバル拠点での販売管理業務と購買管理業務を対象に行いました。

分析までの流れは、4つのサーバーで構成されているSAPシステムから、アクティビティやタイムスタンプなどのイベントログデータをダウンロードし、Celonis IBC(Intelligent Business Cloud)にアップロードします。

その後データを分析するために、独自開発したリスクシナリオ分析用のダッシュボードで不正兆候モニタリングの活動を行なっています。

Celonisの導入効果1.不正をグラフィカルに確認できる

森田氏:

Celonis導入によって判明できた不正兆候の例のひとつが、請求書発行から請求書消込の所用日数です。

通常の会社の場合、標準的な日数は45日程度であるのに対し、ある会社は6日と極端に短い日数で処理されていたことがわかりました。このように他の会社と比較して極端に異なることを不正の兆候のひとつとして捉え、その会社に対しては詳細な取引を確認し、不正の有無のチェックを行いました。

Celonisの優れている点は、グラフィカルに表示されることで直感的に分かりやすく、すぐに理解できる点と、対象のSAPデータの明細を簡単に表示し確認できるところです。
※SAP…SAP社が製造するERP製品(企業全体の資源を管理するシステム)。

Celonisの導入効果2.時系列で分析ができる

森田氏:

Celonisを使ったプロセスマイニングの分析の特徴のひとつが、タイムスタンプの分析です。

休日や早朝、深夜など業務時間外にSAPを利用していないか、どのような処理を行なっているのかを分析することができます。

これにより、深夜に請求書の消込が行われていたことが判明した例があります。その後取引の詳細や作業担当者に深夜に作業をした経緯を聞き、不正の有無のチェックを行いました。

このように、複数の会社をビジュアル的に比較し、時系列的な分析を行えることがCelonisを使ったプロセスマイニングの特徴です。

今後のCelonisの展開予定

森田氏:

豊田通商株式会社は、2021年10月にCelonis IBCを本格導入し、同年12月にCelonis IBCと社内データウェアハウス(Snowflake)との接続を行います。その後2022年4月にはCelonis IBCと社内データウェアハウスの直接接続によるデータ分析の開始を予定しています。

社内では3つの展開予定があり、1つ目は内部統制部門で、プロセスの標準フローから逸脱した業務処理を可視化し、リスクや異常活動の検知を継続的に行います。2つ目は内部監査部門で、広範囲におけるモニタリングを行い、タイムリーな詳細分析実施に役立てます。3つ目は営業部門で、ビジネスプロセスをリアルタイム監視を行い、業務効率化のための自動化を推進します。

 

最後に森田氏は「プロセスマイニングを活用したデータ分析の取り組みで、コンプライアンスを始めとするグループガバナンス全体に貢献できると信じています」と述べ、Celonisの今後の可能性に期待を込めていました。

不正の抑止に繋がるプロセスマイニングツール

豊田通商株式会社による、プロセスマイニングツールCelonisを不正兆候のモニタリングに活用した動機やプロセス、効果を紹介しました。

豊田通商の事例から、プロセスマイニングツールを使うことで、業務状況が可視化できる上に時系列での分析が可能なことがわかります。不正の抑止力が高まる効果が期待できるでしょう。

今回のイベントレポートを、プロセスマイニングツール利用を検討する際に役立てていただけたら嬉しいです。