プロセスマイニングで他社を凌駕する業務改革(BPR)を実現しよう

2019年頃から、業務改革の効果を最大化するための手段のひとつとして、「プロセスマイニング」が国内で注目を集めています。その背景には、製品・サービスや顧客との関係性による差別化が難しくなっていることがあります。

一方、企業が時間をかけて積み上げてきた業務プロセス(オペレーション)は、他社がすぐに真似することは難しく、投資して改善する価値があります。よって、業務プロセスを「属人的」ではなく「科学的」な方法で分析するプロセスマイニングが、存在感を増しています。

本記事では、プロセスマイニングの基本的な概要や利点だけではなく、どのようなフローでプロセスマイニングが実行されるのかを明らかにします。

【この記事でわかること】

  • プロセスマイニングとは?
  • プロセスマイニング活用のメリット
  • プロセスマイニングを活用した業務フロー
  • おすすめのプロセスマイニングツール

プロセスマイニングをよく耳にするけれども、その実体や代表的なツールに関してはよく知らない方は、プロセスマイニングの解像度が上がるはずです。

プロセスマイニングとは

プロセスマイニングは、業務プロセスを「可視化」する分析手法のひとつです。これまで、業務プロセスを把握するには、ヒアリングやワークショップ、観察調査などが中心であるため、主観的かつ属人的なものが多くありました。

※観察調査… 現場へ行き対象を観察するデータ収集法のひとつ

これに対して、プロセスマイニングは、業務システムが記録する「イベントログ(トランザクションデータ)」をアルゴリズムにより分析する客観的かつ科学的な方法です。

プロセスマイニングについて詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事:プロセスマイニングとは?5分でわかる徹底解説

プロセスマイニングとは?5分でわかる徹底解説

業務改革にプロセスマイニングを活用するメリット

ここでは、プロセスマイニングを活用した業務改革のメリットを3点解説します。

  1. 業務可視化にかかるコストを削減できる
  2. ファクトベースでシステム投資ができる
  3. 業務プロセス改善のサイクルを短くできる

それぞれ順番に見ていきましょう。

1.業務可視化にかかるコストを削減できる

プロセスマイニングは、業務を可視化するために必要な費用と工数を大幅に削減できます。

一般的に、業務可視化はコンサルタントに依頼すること多いです。ところが、コンサルタント1人あたりには月100万円以上の報酬が必要となるため、多額の費用がかかります。また、これまでの業務可視化は数ヶ月〜半年ほどの工数がかかってしまいます。

ところがプロセスマイニングを導入すると、業務可視化はイベントログに基づき自動的に実行されるため、費用を削減できます。また、プロセスマイニングによる業務可視化は1週間〜1ヶ月ほどの期間で完了する場合が多く、工数を削減できます。

2.ファクトベースでシステム投資ができる

プロセスマイニングでは、業務プロセスのボトルネックを定量的に把握できるため、新しいシステムに投資するときにファクトに基づいて導入効果を検証できます。例えばRPA(Robotic Process Automation)を比較・検討したいとき、どのくらいのコスト削減を実現できるのか、事前に予測することが可能です。

さまざまな業務改革のソリューションが乱立する昨今、自社のニーズに合うツールを見つけることは難しくなりました。プロセスマイニングを活用して、ファクトベースの意志決定をすることで、効果を最大化するシステム投資を実現できるでしょう。

3.業務プロセス改善のサイクルを短くできる

プロセスマイニングを活用すると、業務プロセス改善のPDCAを早く回すことができます。

従来の業務改革では、人間主体のヒアリングやワークショップ、観察調査などの方法で業務プロセスを分析していました。観察調査では、ストップウォッチで業務のスループットを数時間、計測することもあり、時間がかかる上にサンプル調査しかできません。

一方、プロセスマイニングでは、ITシステムのイベントログに基づき高速かつ正確に業務プロセスを把握できます。すると改善すべき業務プロセスが明確になり、打ち手に対する効果もリアルタイムに検証できるため、業務プロセス改善のPDCAを自動化してサイクルを短縮化します。

プロセスマイニングを用いた業務改革のフロー

ここでは、プロセスマイニングを活用した業務改革のフロー(流れ)を3つのプロセスに分けて解説します。

  1. プロセス発見
  2. 適合性検査
  3. プロセス強化

少し馴染みのない言葉が並びますが、プロセスマイニングを検討するには必須の内容です。それぞれ具体的に考えていきましょう。

1.プロセス発見

プロセスマイニングツールがITシステムのイベントログを分析すると、現状の業務プロセスを自動的にフローチャートとして描き出します。これをさまざまな視点で分析することで、非効率なプロセスやボトルネックなどの業務改革における問題点を特定します。

2.適合性検査

適合性検査とは、現状の業務プロセスと理想の業務プロセスを比較分析して、ギャップ(逸脱や違反)を特定することです。例えば、ある手順の実行が仕組み化されておらず、スタッフの意識差によりばらつきがある場合など、それらの課題を具体的に特定し分析します。

3.プロセス強化

プロセス強化は、プロセス発見および適合性検査で特定した問題点に対して、有効な打ち手を設計・開発するフローです。プロセスマイニングツールでは、特定の業務を省略したりRPAによる自動化などを実行したときに、どのような効果が期待できるかシュミレーションできる機能があるツールもあります。よって、業務改革のによる改善効果を事前検証することが可能です。

業務改革におすすめのプロセスマイニングツール3選

ここでは、業務改革におすすめのプロセスマイニングツールを3つ厳選して特徴を解説します。

  1. Arkプロセスマイニング
  2. Celonis IBC
  3. myInvenio

プロセスマイニングと一口に言っても、各ツールにはさまざまな特徴があり、自社のニーズに沿ったツールを検討し導入することが大切です。

1.Arkプロセスマイニング(日本)

Arkプロセスマイニングは、弊社PLAYが提供するプロセスマイニングツールです。アプリをPCにインストールすると、イベントログを自動的に取得して「誰が」「どんな業務を」「どれくらい」行なっているかをダッシュボードで確認、業務プロセスを可視化します。

コンサルタントによる、業務ヒアリングの時間と手間を抑えることで、低コストかつスピーディな導入を実現しています。
(※現在はWindowsのみの提供です。)

>>Arkの詳細はこちら

関連記事:Arkプロセスマイニングは日本の企業に最適!?特徴やデメリットを徹底的に調べてみた。

Arkプロセスマイニングは日本の企業に最適!?特徴やデメリットを徹底的に調べてみた。

 

2.Celonis IBC(ドイツ)

Celonis IBC(Intelligent Business Cloud)は、700社以上の大手企業に導入実績のある世界シェアNo.1のプロセスマイニングツールです。2019年9月に日本法人を設立、三菱総研やUiPathなどとパートナーシップを締結しています。

SAPやOracle、Salesforce等、有名サービスとの連携に強みがあり、国内では日立システムズやKDDIをはじめ大手企業を中心に事業展開をしています。

関連記事:プロセスマイニングツールCelonisを分かりやすく解説!

プロセスマイニングツールCelonisを分かりやすく解説!

>>Celonis IBCの詳細はこちら

3.myInvenio(イタリア)

myInvenio(マイインヴェニオ)は、Cognitive Technologyが提供する世界シェアNo.2のプロセスマイニングツールです。ヨーロッパでは大手企業を中心に、600社以上に導入されています。国内では、DXソリューションを提供するHeartcore(日本)と代理店契約を結んで、サービスを提供しています。

myInvenioの特徴は、直感的に理解しやすいユーザビリティの実現です。分析結果は視認性に優れ、ITシステムに不慣れなユーザでも親しみやすいです。

新しいITツールを導入するときには、マニュアルの整備やワークショップを始めとする教育コストがかかりますが、myInvenioではそれらのコストを抑えることができるでしょう。

>>myInvenioの詳細はこちら

まとめ:データに基づく科学的な業務改革の実現のために

本記事では、プロセスマイニングの導入を検討する方が押さえておくべきポイントをまとめました。

  • 業務改革にプロセスマイニングが必要な理由
  • プロセスマイニングツール利用の流れ(フロー)
  • おすすめのプロセスマイニングツール比較

今を生きる企業の経営を論じる上で、データドリブンな方法論は避けることができません。もちろん、業務改革を進める上でも同様です。これから、プロセスマイニングへの社会の関心はどんどん高まると予想できます。皆さんもぜひアンテナを立てて情報収集を続けてみませんか。

はじめてのプロセスマイニング入門ガイド

PLAYでは「はじめてのプロセスマイニング入門ガイド」に関するホワイトペーパーを公開しています。

  • プロセスマイニングを始めたい
  • 業務改革を進めているがなぜかうまくいかない
  • 手探りでやってきたが、より効率的で効果のある業務改革の進め方を知りたい

という方に向け、業務改革の進め方やポイントを解説しています。

ぜひ、貴社の業務改革・業務改善にもご活用ください。

資料ダウンロード