業務改革(BPR)とは?目的やフローを詳しく解説!

企業が業務改革をする3つのメリット

業務改革は企業の大小問わず、安定的な黒字経営を実現するために必要です。企業が業務改革をするメリットは、大別して3つあります。

  1. 従業員の意識が変革する
  2. 顧客・従業員満足度が向上する
  3. コストの削減につながる

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

従業員の意識が変革する

1つ目のメリットは、従業員の意識が変革することです。

業務改革では、業務プロセス全体の見直しや再構築を行います。その過程で、組織や業務プロセスにおける課題が可視化され、「何が不要で何が必要なのか」が組織全体に浸透します。これによって、組織全体での課題共有や見直しへと繋がり、従業員の職務姿勢や意識に変革をもたらすメリットがあるのです。

例えば、自分の所属する部門・部署にしか意識が向いていなかった社員が、業務改革をきっかけに組織全体へと目を向けることに繋がります。今まで自分には関係のなかった業務にも意識が向くことで、周囲を気遣い、1つの目標へと共に努力する意識が生まれます。

これこそが業務改革によって企業に起こりうるメリットであり、従業員の意識変革が生産効率へ大きな成果をもたらすケースもあります。

顧客・従業員満足度が向上する

2つ目のメリットは、顧客・従業員満足度が向上することです。

業務改革の目的でも解説した通り、業務改革を行うことで業務プロセスを根本から改善することに繋がり、従業員の負担軽減に繋がります。前述した、サイボウズ株式会社の事例に関しても従業員満足度の向上が人材確保に成果をもたらしたと言えます。他にも、業務全体の再構築を行うことで顧客視点でより良いサービスを提供できるようになり、顧客満足度の向上を期待することも可能です。

業務改革の目的をどのように設定するかによって異なる場合もありますが、業務改革には顧客・従業員の満足度が向上するメリットが期待できます。

コストの削減につながる

3つ目のメリットは、コストの削減につながる点です。

業務改革の目的である生産効率の向上とも結びつく部分ですが、業務改革を行うことによって不要な業務に対するコストを削減することができます。業務に必要な経費や人権コストなど目に見えるコストだけでなく、時間的・コミュニケーション的なコストの削減にも有効です。

生産効率の向上で紹介した事例に関しても、間接業務を効率化させることによって、トータルコストを半減することに成功しています。このように、業務改革はコスト削減につながるメリットがあります。

業務改革を行うためのフロー

業務改革を取り入れる際のフローは3つの流れで行います。フローを理解できていなければ、組織にとって本当に必要な業務改革を行うことはできません。

業務改革を行う場合は企業の規模に関わらず、プロジェクトとして進行を推進することが必要です。事業部単位で責任者と事業メンバーを立てることで、組織全体を把握した上での業務改革が可能となります。また、最初から広範囲で業務改革を進めるのではなく、大企業などの場合は小範囲から進めていくことも可能です。

まずは、各プロセスを詳しく見ていきましょう。