【2022年決定版】業務改革を検討する人におすすめの本4選|今、読むべき本を厳選

『プロセスマイニング活用入門(著:松尾順)』

『プロセスマイニング活用入門(著:松尾順)』では、プロセスマイニングツールの使い方や日本における取り組み事例を紹介し、プロセス分析の主要なアプローチの方法を解説しています。また、プロセスマイニングを活用した業務改善の取り組み方や「ビジネスプロセスマネジメント」 (BPM)の業務改善の方法論も学ぶことができる一冊です。

ポイント1.プロセスマイニングの必要性を知る

業務のデジタル化が進む中、誰が何をしているのかを把握することは極めて難しくなっています。業務上のボトルネックや非効率を把握するためのツールとして、プロセスマイニングの必要性を学ぶことができます。

ポイント2.プロセスマイニングの機能を知る

プロセスマイニングには、3つのアプローチがあることを詳細に学ぶことができます。

  • プロセス発見
  • 適合性検査
  • プロセス強化

ポイント3.業務改善を体系的に学ぶ

BPM(Business Process Management)とは、ビジネスプロセスのパフォーマンスを最適化することを目的にした体系です。BPMの6つのステップのうち、プロセスマイニングが活用できる3ステップをからめ、業務改善を体系的に学ぶことができます。

>>『プロセスマイニング活用入門(著:松尾順)』の購入はこちらから

『プロセスマイニング活用入門(松尾順)』書評。一番やさしいプロセスマイニング入門書

まとめ:業務改革のおすすめ4冊で新しい発見をしよう!

業務改革の必要性は、昨今大きく取り上げられています。ひとつには、コロナ禍での働き方の多様性のように、時間や場所にとらわれない働き方を実現するために業務改革は必要になっています。

また、IT技術やクラウドサービスの発展で業務改革が進めやすくなっているものの、デジタル技術を活用して、ビジネスモデルを変化させるDXの実施にも、業務改革はかかせない分野です。

さらには、企業のグローバル化やIT技術による急速なビジネス変化に対応するために、業務改革は必須の条件であると言えます。

このように何としても業務改革を進めなければならない現状の中、今回のおすすめ4冊で新しい発見をしていきましょう。おすすめ4冊をヒントに、スムーズに業務改革を進めていただけることを期待しています。