プロセスマイニングツールMeeCapとは?


初めに

IT初心者にとって、プロセスマイニングという言葉を理解したり、どのようなツールを使うことで最大限効果を発揮出来るのかを全サイト比較していくことは中々骨の折れる作業です。

そもそもIT用語が多くて難しく感じてしまう方も多いと思います。プロラボ(このオウンドメディアの名称プロセスマイニングラボの略)のツール紹介記事では、ITに関する知識が深く既にプロセスマイニングを理解できている方は勿論、まだITに慣れていない方でもプロセスマイニングのツールの比較が出来る記事を書いていきます。

他のプロセスマイニングツールや業務可視化ソリューションもみてみたい!という方は下記記事をご覧ください!

【関連記事業務可視化カオスマップ付き!業務可視化ソリューションを網羅!は下記URLから】

【2021年4月版】業務可視化カオスマップを公開!

今回は、プロセスマイニングツール「MeeCap」に関する紹介を行っていきます。

MeeCapが向いている会社

  • テレワークでの勤務状況の可視化を行いたい方
  • テレワークでの生産性を向上させたい方
  • 細かい動作までデータを取得したい方

プロセスマイニングツールMeeCapとは?

株式会社MeeCapについて

株式会社MeeCapは2017年8月に設立された会社で、プロセスマイニングツールMeeCapの開発や販売を行っている会社です。プロセスマイニングは、2018、2019年と2年連続で市場シェアNo.1を獲得しています。まだ設立されて2年と4ヶ月ほどですが、3年足らずで提供するツール「MeeCap」は、プロセスマイニング業界市場の伸びに貢献しているとまで言われています。「時間を豊かにする力になる」をビジョンに掲げ「価値ある働き方にこだわる」「変化を楽しむ」をバリューとしている会社です。


MeeCapとは何か

株式会社MeeCapが提供するツールMeeCapは、オフィスデータを取得しそのデータをもとに可視化、自動分析を行い、個人や組織の業務を改善して働き方をより良いものにするための、企業の抱える様々な問題を解決するプロセスマイニングツールです。主に企業での業務分析やRPA導入、テレワークでの勤怠状況管理などに用いられます。

株式会社MeeCapの会社概要とMeeCapの公式サイトはこちら↓↓

https://www.mee-cap.com/

MeeCapの機能

MeeCapは、株式会社MeeCapが提供しているプロセスマイニングツールです。MeeCapはプロセスマイニングツールの中ではまだここ近年で出てきたツールですが、ほかツールとの明確な差別化が特徴的です。まずは具体的にどのような機能があるのか見ていきたいと思います。株式会社MeeCapの公式サイトにて公開されているMeeCapの主要機能は以下の4つです。

ダッシュボード機能

ダッシュボード機能とは、簡単に言うと業務の分析を行うことです。公式サイトでの情報によると、以下の項目で分析が可能なようです。

  • ワークスタイル
  • アプリ使用率
  • 業務時間比率
  • URL
  • パス

具体的には社員1人1人の業務状況を業務単位で分析することが出来ます。データ取得期間中にクライアントで1番操作されたURLやアプリの使用率をグラフで閲覧が可能です。


自動分析レポート機能

MeeCapのサーバーが5つの観点で分析のレポートを自動生成してくれる機能です。1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の単位でレポートを生成し、自動化が出来ているのかなどを分析してくれます。

生産性

勤務中の全てのPC操作の中で、会社が本来行って欲しかった業務を行った割合

業務の適正分担

1人の人に業務が偏っていないかを判断

社内情報共有

特定の人の間でのみ使われているデータやファイル

作業への集中

短時間の操作を行っている割合

システム活用

業務に必要なURLのうち、実際に使われたURL


HappyPath機能

取得したデータをもとに、業務のプロセスフローを自動的に作成し、RPAでの自動化に向いている繰り返し作業があるかどうかなどを抽出してくれる機能です。逆に、この機能でRPA化の例外となる業務も洗い出してくれます。


行動ログ機能

全ての業務でデータを閲覧、分析できる機能。

MeeCapの特徴

MeeCapは、2019年4月時点で5,000ライセンスを突破しています。

次はそんなMee-capの特徴を見ていきましょう。

リモートワークへの対応

MeeCapの公式サイトには、リモートワークでのMeeCap導入メリット等の解説ページがあるほど、リモート環境での導入を推進しています。労働状態の可視化で仕事の長時間化や残業の防止を行ったり、適正な人事判断で部下を公平に判断することが可能です。また、他社員の業務状況が把握できずコミュニケーションがとりずらいなどの課題もMeeCapによる労働状況の可視化で解決することが出来ます。

社内で一緒に仕事をしていたなら、部下がわざわざ手間のかかる方法で業務を行っていることに気がつけますよね。しかし、リモートワークではそこまでの管理は出来ません。そこでワークフローの分析を行うことで、業務の改善に繋がり生産性が向上します。

これと似ていますが、周囲目が届きにくいことでトラブルが起きやすかったり、起きてしまったトラブルのサポートが受けづらいこともリモートワークの課題点としてあげられます。この際にMeeCapはPC操作状況を履歴として残しておくことが出来るので、社員の業務の把握やサポートを行うことが出来ます。


可視化で終わらない全体サポート

他のツールでは、業務を可視化するところまでしか出来ないという物も多いです。しかしMeeCapは、可視化から分析、更にレポートの自動生成でトータル的に業務改善のサポートをしてくれます。本来なら業務を可視化して、それ以降は担当者に改善の手助けをしてもらう形が一般的でしたが、可視化したあとに自動化出来る業務の絞り込みがツール内で出来ることはMeeCapの大きな特徴の一つです。


キーボードやマウスからもデータを取得

今までのプロセスマイニングは、システムに構築されたイベントログをもとに業務の可視化を行っていました。株式会社MeeCap前代表取締役社長の山田 輝明氏は、MeeCapの特徴をマウスやキーボード操作などの全てのPC操作のログデータも取得しているところが大きな差別化ポイントとしています。システムで取得するデータに加えて、マウス操作やキーボードの操作が加わることでより正確なイベントログを取得することが出来るため、業務の可視化をした結果もおそらく他のツールとは全く違うものになると思います。これによって、MeeCapは社内人材の”匠の技術”やノウハウを「見える化」することまで可能にしています。

 

トライアル

導入企業がサーバー環境の準備を行い、その後1から2週間の導入期間を得て利用開始。

トライアルは公式サイトからお問い合わせください。

MeeCapの価格

価格は要問合せとなります。

下記URLからお問い合わせください。↓↓

https://www.mee-cap.com/#contact

まとめ

MeeCapは、数名単位の企業から数十万人の大企業まで取り扱い可能です。冒頭部分でもお話したとおり、MeeCapは下記のような会社に適していると言えます。

  • テレワークでの勤務状況の可視化を行いたい方
  • テレワークでの生産性を向上させたい方
  • 細かい動作までデータを取得したい方

MeeCapはリサーチ段階でも公式サイトが非常に分かりやすく、IT初心者の方でも理解しやすい内容になっているように感じました。機能も充実しており、とりあえず試してみたい方にはおすすめのツールです。

気になった方はぜひMeeCapの公式サイトを見てみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。